忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/11/14 08:19 |
自分は言葉も足らないから。
 そして、気も回らないから。
 何か気に障る事をしていたのだとしても、取り繕い方が分からなくて困る。

 さて、空気が見えない人はどうやって空気を読めば良いのでしょうか。これ、結構前からの課題。


 というのも、何かココちゃんの日記が怪しい雲行きなので。自分のやらかした事が原因なのだとしたら、改善できる所は改善したいから聞いてみたい…ものの。
 何だろう…やっぱり、思い付いたままに相談もなくやってしまったのが原因?事後承諾が行けなかったんでしょうかね。それとも、メインのメモ帳も今まで通り見に行くから、遠慮なく使って下さいって、ちゃんと言うべきでしたか?自分、気遣いがどうもできないってよく言われるので。


 えぇと、この際ですから、一応書いておきます。木菟は空気が見えません。見えないものは、読めません。
 何か気に食わない事があった時は、お願いですから、きっぱりはっきり指摘しちゃって下さい。検討してみて、改善できそうなら改善の努力はしますし、無理っぽいなら無理って言います。その結果、縁が切れたとしても…悲しいけど、後悔はすると思うけど、でも仕方ないって思います。
 元からはぶられる事、裏切られる事はリアの日常なので、今更友情の固さに過度な期待はしません。過度な希望は持つ事があるけどね。
 ネットの友人達は、皆良い人だから困る。ついつい、希望を持ってしまいます。頼っても良い、甘えても良い、素直に色々言っても良いって、幻想を抱いてしまいがちです。それだけ求めるからには、自分も同じように求められても当然のこと。精一杯出来る事はやるつもりではいます。一応、その覚悟だけはあります。

 ……あぁ、何だかすっごく頭沸いたような事書いた気がする。仕方ないですね、夏ですから。
 普通の日記を書く場所的余地がなくなってきたので、続きにしまっておきます。ただし、こっちもあまり良い内容ではないので、読まなくて良いです。


 うちの学年のお間抜けさんが性懲りもなくとんでもない不始末やらかして下さったもので、朝からとばっちりが来た時の為の備えに忙しいです。
 具体的に言うと、先輩方の偉大なる遺産のバックアップ保存に走り回ってます。後、何回保存すれば良いんだろう。
 いざという時になったら、自分は果してバックアップの事を他の人に言うだろうか。言わない気がします。言うとしても、それなりの準備(アク禁とか)をして、やっと親しかった数人に漏らすくらいしかしないと思います。
 第一、自分の他にも、同じ事をなさって下さってる方はいらっしゃるでしょうしねぇ?(註:木菟が過度に敬語を使ってる時は、たまに腹が立っています。ラズと同じですねw)

 それはさておき、OWMが帰宅したら、向こうも夏休みです。ますますPC争奪戦が激しくなります、悲しい事に。
 何が嫌かって、木菟よりもOWMの方が強い点が。というか、ついつい向こうの押しに負けて譲ってしまう自分が。甘い甘いとよく親に言われますが、確かに自分は身内と認めた人間には非常に甘いんではないかと思う時がありますね。

 そうそう、次の日曜は砂丘を見に行ってきます。消える前に子供に砂丘を見せるべきだと考えた、親の思い付きによるものです。
 せっかくなので、砂漠のシーンを書く時の参考になるネタを探しに行くつもりでついていきます。小窓に投稿できるようなネタが拾えればなお良し子ちゃん。

 そんなわけで、数日は忙しくしてるかもしれませんね。ビバ・夏休み。それなりに充実してる、夏休み。去年の今頃に比べたら、絶対にマトモな生活送ってる自信があります。いやぁ、良い事だ。
 ……暑すぎると頭が沸くのは、去年と同じ傾向みたいですが。


「さて、何を溜めてるんだ?」
・バックアップ保存←最優先。
・資料作り←放棄しつつある。
・映画、カラオケ←OWM次第。
・USJ+α←楽しみだ。
・各所メモ帳←脳内における優先順位:まどろみ、深遠>未選択>雑学>他
・まどろみのラズ紹介←夏中には。
・浴衣装飾←…ま、まぁ頑張る。
・曲再現←飽きた←←
・サイト関係←考えるだけで実行してくれる便利なシステムはないものか(爆)
・その他←絵茶か盆踊りに行きたい…。

拍手

PR

2009/07/31 12:12 | Comments(0) | TrackBack(0) | 日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<昨夜から色々ありました。 | HOME | 駄目だ、能力が足らない。>>

Background image from ふるるか
忍者ブログ[PR]